一般社団法人 CBTを学ぶ会への臨床研究

一般社団法人CBTを学ぶ会では、地域で認知行動療法を施術する人を増やすために、臨床研究を行っています。
その一環として「初回面接研究」を行っています。

認知行動療法にかぎらず、精神療法においては、初回の面接においてクライアントさんの困り事をどのように見立てて、 どのような手立て(介入)を行うかの選択は重要なものです。
そこで初回面接をビデオに撮影して、セラピスト-クライアントの会話を分析することにより、会話の何に焦点が当てられているか、 あるいは当てられていないかについての研究を行うことになりました。
初回面接をビデオ撮影可能な方であれば、どなたでも協力して頂けます。
皆さんの協力をお待ちしております。

FAQ

Q,録画された映像や個人情報が世間一般に出回る可能性はありますか?
A,厳重な管理を行いますので絶対にありません。

Q,録画データはどのように利用されますか?
A,すべての発言をバラバラにしてコンピューターで処理する「テキストマイニング」という抽出法から、専門家集団に対する教育研修への利用まで様々です。
フォームで賛同いただいた後、実際の面接の前にも趣旨説明を行い、どこまで活かすことに同意するかの選択をしていただきます。

Q,一度行った同意は撤回できませんか?
A,一度行った同意であっても、いつでも撤回可能です。

Q,同意をしなかったり、撤回しなかったりしたら、カウンセリング上、不利益な事態を招きませんか?
A,不同意や同意撤回による不利益事態は起こりません。

Q,著作権や肖像権はどうなりますか?
A,著作権は一般社団法人CBTを学ぶ会にあります。肖像権は完全に保護され、あくまで本人の同意に基づく運用となります。